2019/02/27

私たちが大切にしている価値観

立春の次は雨水(うすい)。

本来であれば雪がとけ、雨と水に変わる季節とされています。
山々に積もった雪や、川や池の氷がとけ、水となって、田や畑が潤い始めます。

今日も長野にお住まいの方とも話をしていたのですが、今年は暖冬のため、


雪が非常に少なく、本来あるべき水が足りないかもしれないねという話がでていました。

昨年は非常に厳しい夏でしたが、今年はどうなるのかと思うと心配です。
気温の変化が非常に激しい時期ですので、十分にお気をつけください。

雨水
初候:土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)2月18日から22日頃
次候:霞始靆(かすみはじめたなびく) 2月23日から27日頃
末候:
草木萌動(そうもくめばえいずる) 2月28日から3月4日頃

 

 

さて、今日は私たちが庭づくりにおいて大切にしていることについて書かせていただきます。

私たちが大切にしている10コの価値観。 

前回の記事の中で私たちが大切にしている価値観について少し触れさせていただきました。

私たちが私たちらしく仕事をしていくために、社内では様々な取り組みを行なっており、この価値観もその一つです。英語にすると、CoreValue(コアバリュー):中心的な価値観 と言われているものです。

 

早速ですが、私たちが仕事において大切にしている価値観はこちらの10コです。

近江庭園の中心的な価値観

内容としては、どれも基本的なこと、当たり前のことと思われると思いますが、この基本的なことをどこまで徹底的に取り組めるかということが、私たちの理想とする庭づくりを実現するために、本当に大切なことと考え、近江庭園の誰もが日々の仕事において意識をしています。


例えば、8番の身の回りをいつもキレイに。という価値観についてですが、
私たちの仕事は、空間を美しくする、乱れている場所を整えることで、人々の心に響く仕事をしていく必要があります。



そこで少し想像していただきたいのですが、建築現場、工事現場といえばどのような状態をイメージされますか。頭に浮かんだ風景は人それぞれだと思いますが、整理整頓されている環境と、道具や材料が整理されていない環境を比べた場合、整理整頓されている方が安全で安心で、そして何よりも気持ちのよい気分になると思います。


私たちはお客様が期待されている完成品としてのお庭を御引き渡しするだけでなく、お庭ができるまでの過程においての特別な体験・時間を楽しんでいただきたいという思いがあります。
それには上で書いたように、庭づくり真っ只中でも、キレイだな、美しいなと感じていただきたいという思いから、この価値観を10コの一つとしました。


これらの価値観は私一人で作ったのではなく、社内全員で時間をかけて何度も何度もミーティングを行い、
一言一句にこだわり、言葉を選びました。


今では1日の朝に、一つの価値観を皆で共有し、それぞれの現場へ出発しています。


まだまだ完璧!というまでには至らないかもしれませんが、これらの価値観を大切にし、人々の心を動かせるような仕事をこれからもしていきたいです。

 

 

投稿者: 寺下 真司