2018/02/19

無駄なことを、とことん突き詰めて実行する。

2月の休日は例年、こちらへ足を運ぶ。
今年は残念ながら改修工事とあって、館内をみることは叶いませんが、
週替わりで、京都市内・郊外の芸大・造形大の卒業制作展が開催されます。

日本画・油画・彫刻・版画・陶磁器・漆工・染織・建築・都市計画・構想

などなど。

 

すべての領域で、その年の作風の流行り、時代背景

大学さんごとの特徴や得意分野など

学生が考える、今を知ることができます。

 

情報量は多く、
校内をいったりきたり、のぼったりくだったり。。

 

案外、体力勝負なので、鑑賞後はへとへとです。

整頓されてる箇所もあれば・・・

ぐしゃぐしゃなエリアもあったり。。

無駄なことを、とことん突き詰めて実行する。

直接、庭という分野には関係しない、分野と作品たちですが
共通する構想や、手段・方法が隠れていたりします。

各大学さんの卒展は、入館料はありません。

気軽に芸術に触れる休日、オススメですよ!
なかには、退くくらい強烈な作品もあったりします。

もし、また芸大生に戻れることがあるならば・・・
次回は、誰もが理解に苦しむような、尖った作品をつくりたい。。笑

 

投稿者: 平木 雄一朗

新着記事

アーカイブ